世界に誇る日本の美を、毎週メールで配信!

YOSANO WEAVER ~ 織りなす人 ~

YOSANO WEAVER ~ 織りなす人 ~
業種:
織物職人
所在地:
京都府与謝野町

織りなす人

与謝野町のある丹後地方は、千年以上も前から絹織物を織り、18世紀からは着物の生地として有名な「丹後ちりめん」で栄えてきた世界最大の絹織物産地です。長い時をかけてここに暮らす人々の多くが織物に携わってきました。そうした伝統や技術に裏付けられた確かなものづくりがここにはあります。織りなす人は、与謝野町の「これまで」と「これから」を感じる商品を紹介していきます。
YOSANO WEAVER ~ 織りなす人 ~

シルクに触れる

丹後ちりめんシルクマスク (安田織物)


本物の振袖生地をそのまま使用しているので同じものが二つとないシルクマスク。そのデザイン性だけでなくシルクの持つ性質はマスクにぴったりで、またマスク用のフィルターを内蔵することで機能性にも配慮したマスクです。


糸で遊ぶシルクストール (創作工房糸あそび)


吸湿性や保湿性に優れるシルクは実は冬に暖かい。モールにしたりリボンにしたりと遊び心のあるシルク使いで織りあげたストールです。


独自の質感と光沢のフレスコネクタイ (KUSKA)


熟練の職人が着物を織る技術を駆使し立体的に手で織り上げる事により、縦糸と緯糸の陰影が生まれ独自の表情が生まれます。1人の職人が1日に2〜3本しか織ることができないとても希少なネクタイです。


雲竜和紙ランプ (広瀬創作工芸)


糸繰りの木枠に丹後和紙と丹後の野山に咲く草花の押し花を貼り付け、シルクの糸を巻き付けた日本の四季を感じる和風ランプです。


YOSANO WEAVER ~ 織りなす人 ~
ブランド一覧へ戻る