世界に誇る日本の美を、毎週メールで配信!

blurorange

blurorange
業種:
アパレル製造販売
所在地:
大阪市

性別に縛られない可愛い洋服

blurorangeは私たち一人一人が生まれ持つ性別や体型に縛られることなく、誰もがファッショナブルな着こなしを自由に楽しめる世界作りを目指しています。性別に関わらず美しいものを身にまといたいという願望は誰にでもあるもの。身長が高すぎる、肩幅が広すぎる、バスト周りが大きすぎるというような理由でファッションを思うように楽しめなかったあなたにぴったりフィットする1枚を提供いたします。

blurorange

着るだけで可憐

一番の特徴は、男性の体形に合わせて一から洋服を作っていること。


blurorangeの洋服には、デザイン・型紙設計・縫製など、すべての工程で男性体形を女性的に見せるための工夫があります。


男女の体形は全く違います。平均身長や体重の違いだけではなく、男性は、肩幅が広く、肋骨も外側に広がっています。女性は、肩幅が狭く、肋骨の角度も狭い形状です。腰回りの肉付きもよく、腹部のくびれも明確です。身長体重が同等だとしても、上記のような男女の特徴は変わりません。


写真のような身長の同じ男女の洋裁用マネキンを見比べればその違いは明確です。肩幅やヒップの大きさ、首の太さだけではなく、ウエストの位置も全く違います。また、腕の長さは男性の方が5センチ程度長いといわれています。ですから男性が女性用に作られた服を着ることに無理があるのは当たり前のことなのです。


男性体型をもつ方たちの悩みの声

・肩幅が苦しい
・脇に食い込んで痛い
・袖丈が短い
・着丈が短い
・ウエストがきつい
・ウエスト位置が落ち着かない
・ファスナーが上がらない
・首回りが苦しい


人気のGirly系のブランドのほとんどが、小さいサイズの服しか作っていません。フリーサイズと表記していても、実際はSサイズです。可憐で華奢なブランドイメージを守るための戦略として、彼らはわざとそうしているとも言われています。一方、 大きいサイズの服はふくよかな女性を想定して作られているため、胴回りは大きく、着丈が足りなくてお腹がでてしまったり、袖丈が足りなくてアンバランスになったりしてしまうため、男性体型の方にはGirlyに着こなすことができませんでした。またミセス向けのブランドでは、地味な色彩のものが多くなってしまいます。blurorange の洋服は、男性のボディを使い立体裁断という技法で基礎となる型を作っていきます。この立体裁断は平面製図よりも手間がかかりますが、より美しく着心地の良い服を作るには欠かせない工程です。高級ブランドのほとんどは立体裁断で作られています。


男性のボディラインから始まり、様々なテクニックを適用して女性のラインを服に仕立てます。 パターニングプロセスは女性の衣服を長年にわたって担当してきた熟練したパターによって処理されるため、男性のボディラインに基づいているにもかかわらず、ぼんやりとした服は彼女のすばらしいテクニックで真に女性らしいものに仕上がっています。今まで可愛い服を買ってはタンスの肥やしにしてきたあなたに、ぜひblurorange のお洋服を着ていただきたいです。きっとその価値を感じていただけると思います。

blurorange

松村智世

ファッションクリエーター・デザイナー
松村智世

服飾デザイン・クリエイター。ファッションブランド「ブローレンヂ」代表。幼少時からボーイッシュな服を好み、兄のお下がりをリメークするなどハンドメイドを開始。紳士服店やレディースアパレル会社に勤務後、25歳で関西大学に進学。心理学科で認知心理学や性同一性障害について学び、服のデザインに錯視を取り入れること考案。服飾専門学校で服作りの基礎をまなび、2017年夏、生まれ持った性別や体型にとらわれず自由にファッションを楽しめることをテーマにしたアパレルブランド「blurorange(ブローレンヂ)」を立ち上げ。メンズサイズのワンピースやブラウスなどを精力的に発表しています。

ブランド一覧へ戻る