世界に誇る日本の美を、毎週メールで配信!

柳宗理

柳宗理
業種:
プロダクトデザイン
所在地:
東京都千代田区

使いやすくて美しい、柳宗理のキッチンシリーズ。

用いられるためのものだから何よりも使いやすくなければならない。 その上で美しさは生まれてくる。 それは表面的なものではなく、自然と湧き上がる美しさ。柳宗理のデザインは、 余計な装飾や意味のない意匠を嫌い、道具の本当の意義を見いだし、「用の美」をものづ くりの信念としています。使い勝手を重視した調理器具は指にもキッチンにもフィットして、使う人に心地よさをもたらします。
柳宗理

シンプルで暖かみのあるデザイン、ステンレスケトル

柳宗理のキッチンシリーズで最初に発売されたステンレス製ケトル。およそ2 年の月日をかけてデザインされたやかんです。実物大のモデルをつくり、その模型を何度も試用して完成しました。広い底面は熱まわりがよくお湯が早く沸きます。水を入れる口は広く、楽にお手入れができます。持ち手は指や手首に無理な力をかけなくても注げるように設計されています。毎日使うのに飽きのこない、シンプルで暖かみのあるデザインが人気です。
柳宗理

無駄のない機能美を備えた、キッチンツール

シンプルに見える美しいフォルムは、使いやすさを計算しつくされたカタチ。美しく無駄のないモダンなキッチンツールです。素材は丈夫でさびにくい18-8ステンレスを基本に用い、耐久性に優れています。バタービーター以外のツールはステンレス一体型で、継ぎ目がなく清潔にお使いいただけます。道 具としての機能はもちろん、丈夫さ、収納のしやすさ、すべてにおいてデザインされているから時代を超えて長く愛され続けています。
柳宗理

世界のモダン・デザイン、カトラリー

頑丈な素材や使いやすさ、モダンなデザインを兼ね備えた柳宗理のカトラリー。立体模型により実際に使い勝手を検証しながら生み出されていくその形は、ストイックなまでに贅をそぎ落とし、フォルム、使いやすさ、美しさ、すべてにおいて洗練されています。素材は18-8 ステンレス。特別なお手入 れの必要はなく、普段使いでもサビなどの心配もありません。マットな艶消し仕上げのため、傷が付きにくく、目立ちにくいのも魅力です。
柳宗理

柳宗理

プロダクトデザイナー
SORI YANAGI A DESIGNER/ 日本を代表するプロダクトデザイナー、柳宗理。 1915 年、東京生まれ。東京都美術学校(現・東京芸術大学)油絵科を卒業。坂倉準三事務所を経て、1952 年柳デザイン研究会を設立。東京オリンピックでは聖火リレーのトーチ・ホルダーや競技場の座席をデザインする。機能的でありながら、日常的に気負いなく使えるさり気なさを持ったプロダクトを手掛け、グッドデザイン賞を幾度も受賞。家具やテーブルウエアから自動車、橋まで、そのデザインは多岐にわたる。
ブランド一覧へ戻る