世界に誇る日本の美を、毎週メールで配信!

雪華樂 SEKKAGAKU by wood design 工房

雪華樂 SEKKAGAKU by wood design 工房
業種:
デザイン・木工
所在地:
京都府京都市

雪華樂…ゆきはながく…「幸せは永くつづきますように」と想いをこめて手仕事で制作しております

ジャパンブランドとして企画開発をしております雪華樂は、無垢の木・きに関する経験した様々な職種と体験を基に、全国から独自に見えないところも綺麗に丁寧に手仕事をされている職人の方々を探し会いにいきました。そして制作にご協力いただいております。


職人が無垢の木の個性を見極めてつくり、伝統工芸である煌めく素材を組み合わせ世界に1つだけの樂を創作しております。可憐な花を商品化したモチーフにした桜と特注で草花や家紋での1点ものも承ります。


木組み構造と材木によりできないこともございますのでご了承ください。

雪華樂 SEKKAGAKU by wood design 工房

職人紹介

森金 泉氏(写真上)
石川県金沢市:意匠•制作•製造
今回、株式会社石森木工にて1点もの商品をデザイン/制作
約50年近く半世紀にわたり建具制作に従事し常に技術の向上と研鑽に努め、特に伝統的な組子制作を得意とする。伝統技術継承金沢建具、石川県の技能まつり、優秀賞等、数々の賞を受賞。

2015年5月
第66回植樹祭の折、会場をかざるプランター制作を工業高校の生徒に指導。自らも会場シンボルタワー・陛下御使用の金鍬、御机等を制作。
2004年7月
西本願寺御影堂平成大修復工事に参加

制作作品:
「碧空の桜」 「銀河の桜」 「夕焼けの桜」
「桜」桧葉 ウォーターステンドガラス4種
「桜」桧葉 アンバーイエローガラス

濱田 由一氏(写真下)
滋賀県米原市:家具職人・模型職人
自分のライフワークとして、有名椅子を1/5サイズに縮小して制作したミニチュアを作ることを始める。デンマークで表敬訪問した際、ハンス・ウェグナーご本人とその制作会社ともに名作椅子のミニチュアをプレゼント、仕事ぶりを評価され、オフィシャルな制作者として認定される。木目まで1/5サイズに再現するため、木目の細かいものを選び制作する。

制作作品:
「薔薇と矢車菊」
「桜」檜葉 シャンパンピンク

雪華樂 SEKKAGAKU by wood design 工房

Eri Murakami

designer
Eri Murakami

幼いころから木、植物、絵を描くことが好きで19歳の時に旅先で訪れた岐阜県高山市にある伝統保存地区の吉島家住宅の伝統工法で木組みをされたものづくりに感動し生涯を通じて無垢の木をあつかう仕事をすることを決意。


映画監督やブライダルプロデューサーでもある亡き祖父が仕事へのこだわりを時々教えてくれた。「見えない部分まで気を遣いお客様に喜んで満足していただくように精進すること。」、その想いが彼女の心に生き続いている。


建築職人の修業と同時進行で、動物をモチーフにした椅子をデザインし手仕事で丁寧に制作していただく人を探し、自ら合いに行く。グループ展で創作活動、また花・鳥・自然をモチーフに絵画を描き続けている。そして様々な職種を経験。日本の木材に関してできる限りのものづくり現状と家具や木造建築のことを知るために旅をし、30歳で工房を創業。


しばらくはまだ修業が足りないと判断し休業し宮大工である親方のところへ丁稚見習いをはじめる。現在は精度を高めて造るために0.01mmの家具職人の修業中。人と同じように生きている無垢の木を肌で感じ対話しながら納期内で仕事を納める。大工・建具・家具、椅子職人と針葉樹や広葉樹を扱う中でこれらの要素を凝縮し人の幸せのきっかけとなる商品、ARTをうみだしたいと閃く。


見た目の意匠だけではなく1つのものづくりに色んな工程と人が関わりできていく裏側の部分をきちんと知り無垢の木のことを理解していただいて愛用していただきたいと願い、そのため上品なインテリア空間をご提案すること、まだ木材の分野での、未知の分野も、独自に研究開発を意欲的に進めている。

ブランド一覧へ戻る